グループホーム入居者の1日~休日編~

ワンズプレイス

グループホーム入居者の1日について

みなさんこんにちは!
グループホームOne's place(ワンズプレイス)の鳥毛です。

本題に入る前にお知らせをさせてください。
4月より群馬県高崎市にてオープンしたグループホームOne's placeの1号棟「グループホームOne's place下豊岡」ですが、開設当初より見学や体験利用のお問い合わせを多数頂いており、5月15日現在で満室まで残り1部屋となりました。
※体験や見学希望の方はお問い合わせよりご連絡をください。

グループホームOne's place下豊岡は、知的障害や精神障害をもつ方が主な対象ですが、聴覚障害などの身体障害を有する方も入居できるケースがありますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

私の役割として、まだまだ知られていない障がい者グループホーム(共同生活援助)というサービスとグループホームOne's place(ワンズプレイス)を1人でも多くの方に知って頂くことがあります。そのため、今日も高崎市内の相談支援事業所さんや就労系サービス事業所を1軒ずつ訪ねていき、挨拶をさせて頂いたり現在、入居している方々の様子を伝えたりしています。また、このブログもこれから障がい者グループホームを使ってみたい方にグループホームでの生活をお伝えする目的で書いております。
引き続き、宜しくおねがいします。

そんなわけでここから本日の本題です。
今日はグループホーム入居者はどのような休日を過ごすのかというテーマでお話をしたいと思います。まず、前提として休日の過ごし方はグループホーム(共同生活援助)ごとで様々であり、今回紹介するのはあくまでも過ごし方の1例になりますことを予めご了承ください。

休日はフリータイム!買い物や趣味の時間など各々が好きなことをして過ごす

グループホームに入居する人は平日、仕事や作業所に通っています。
※詳しくは、グループホーム入居者の1日~平日編~を御覧ください。

なので、朝に出勤して夕方に帰宅、夕食や洗濯、お風呂などであっという間に夜になってしまいます。仕事から帰ってきてお菓子などを買いに買い物へ行く方もいますが、多くの方は夕食後は自分の部屋でゆったり過ごすか、居間でテレビなどを見て過ごしています。
そこで、休日では日用品を買ったり、散髪に出かけたり趣味の時間を設けたりして過ごしています。特に、平日はなかなか買い物へ行くことができないため、各々必要なものを紙に書いたりしながら1人で出掛けたり、スタッフと一緒に出かけたりします。ちなみに、ホームによってはスタッフが代わりに買い物へ行くところもありますが、One's place(ワンズプレイス)では買い物も社会参加の大切な機会と考えているため、共用で使うもの以外は極力、本人が買い物に行くような関わり方をしています。

また、私自身もそうなのですが、「休日を自分の部屋でゆっくりと過ごしたい」という方もいます。そのような方は自室でゆっくりと過ごすことももちろんできます。ただ、グループホームによっては、休日に掃除をしたり散歩にみんなで出かけたりなどの日課が設けられていることがあるので、そのあたりは各グループホームに聞いてみると良いでしょう。

ちなみに、ゴールデンウィークは入居する方も時間があったのでスタッフが車を運転し、いつも買い物に行く近所のスーパーではなく前橋市にある大型スーパーへ買い物へ出かけました。        ※写真は男3人でラーメンを食べている写真です!久しぶりのラーメンだったようで、2人共黙々と食べてました。

グループホームの休日は平日にできないことをやる時間

いかがでしたでしょうか。
今回は、グループホームOne's place(ワンズプレイス)に入居する人を例にグループホームに入居する人の休日の過ごし方を紹介させて頂きました。

グループホームOne's placeはカジュアルな居場所がコンセプトの群馬県高崎市内で運営しているグループホームです。引き続き、見学や体験利用のお問い合わせを受け付けているため、お気軽にご連絡を頂ければと思います。

グループホームOne's place 鳥毛(とりげ)

タイトルとURLをコピーしました